ホーム>広島の宅配弁当屋さんブログ>2017年12月

2017年12月

お客様が造って下さいました。

こんにちは。お客様への配達はいろいろな場所があります。食堂や事務所はもちろん、作業現場などへお届けしております。また入口扉の種類も、自動ドアや引き戸、エレベータなど、お弁当を持ったまま開けて、お届けしております。先日お客様の食堂入口のドア前に、ドアを開ける際大変だからと、一旦預ける台を造ってくださいました。安全にドアを開け、食堂に入ることが出来るようになり、毎日スムーズに配達ができております。配送スタッフ全員よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

20171218183913.jpg20171218184049.jpg

12月の米生産者

12月の米生産者は、安芸高田市 高宮 黒田 浩樹さんです。

2017126223511.jpg

十一月下旬、米の出荷を終えた黒田さんは、トラクターの耕うん爪の交換作業を行っていました。
田んぼを掘り起こす耕うん爪は土を掘るたびに磨耗していく消耗品です。
一五ヘクタール(マツダスタジアム三個相当)ある黒田さんの田んぼでは一シーズンで耕うん爪が摩耗しきってしまい、毎年の交換が欠かせません。
機械化の進んだ現代のコメ作りにはトラクター、田植え機、稲刈り機などの、数百万円から一千万円もする高価な農機具が必要です。
しかし、農繁期に需要が集中するため、レンタルなども難しく、生産者にとって大きな経済負担になっています。
黒田さんは農閑期にご自身でメンテナンスを行い、経費の削減に取り組んでおられます。
 

Ayano のブログ12月

201712183833.JPG20171218393.JPG

お弁当宅配エリア,法人向け宅配弁当・高齢者向け弁当・仕出し弁当共通

【法人向け弁当 配達エリア】こちらからご確認ください
【高齢者向け弁当 宅配エリア】こちらからご確認ください
【仕出し弁当 配達エリア】こちらからご確認ください

ページ上部へ