ホーム>広島の宅配弁当屋さんブログ>2017年9月

2017年9月

まもなく新米をお届けいたします。

こんにちは。本当は9月上旬に特別栽培米 こしひかりの稲刈り風景をお伝えしたかったのですが、都合が合わず本日、酒米を収穫されているハラダファーム本多さんにお邪魔しました。とてもお忙しい時期なので、お話はあまり出来ませんでしたが、本多さんの酒米のお酒を一緒に飲みたいとお願いをして帰りました。

201792617233.JPG

そして、高宮にあるJA広島北部農業共同組合さんへ訪問しました。

2017926172515.JPG

今年度の当社がおとどけする特別栽培米 こしひかりの一部です。倉庫内温度は15℃に保たれていました。

2017926172826.JPG201792617291.JPG

特別栽培米の証  農林水産省新ガイドラインによる表示を1つ1つ丁寧に張られ表示されていました。

2017926173421.JPG2017926173639.jpg

検査終了のシール(穴埋)とお米の等級を表すマークです。今年も1等級が多く採れたそうです。

新米をお届けできる日程が分かり次第、皆様にお伝えいたします。お楽しみに!!

 

 

Ayano の ブログ

201791581435.JPG201791581517.JPG

9月の米生産者

9月の米生産者は北広島町 寺原 竹田 英治さんです。
201794105748.jpg
 
竹田さんは安心・安全の米作りのため、長年にわたって堆肥で土の力を育て、化学肥料の使用を抑えることに取り組んできました。
米作りを始めた40年前は化学肥料を使うのが当たり前でしたが、長年の努力が実り、現在は堆肥だけで米が栽培できるようになりました。
いま、竹田さんが直面しているのは猛暑による米の品質低下です。美味しい米づくりに欠かせない昼夜の温度差が温暖化の影響で小さくなったため、田んぼに水をかけ流したりしていますが、年々対応が難しくなると感じています。
環境の変化に対応するため、今後どのように米づくりを続けていくか、竹田さんの努力はまだまだ続きます。
 
お弁当宅配エリア,法人向け宅配弁当・高齢者向け弁当・仕出し弁当共通

【法人向け弁当 配達エリア】こちらからご確認ください
【高齢者向け弁当 宅配エリア】こちらからご確認ください
【仕出し弁当 配達エリア】こちらからご確認ください

ページ上部へ