ホーム>広島の宅配弁当屋さんブログ>2016年8月

2016年8月

舞妓久の海苔は熊本県 有明海産です(2016年8月現在)

みなさんこんにちは。今日はマイ・コックの仕出し部門で使用している海苔についてお知らせします。

おむすび用(焼き海苔 写真1) と 巻きずし用(なま海苔 写真2) の2種類の海苔を使用しています。

※舞妓久のおむすびは、海苔が柔らかいおむすびです。

 

おむすびにはパリパリの焼き海苔を巻いていますが、ごはんに巻いてから時間がたつと水分を吸ってしんなりし

色も黒くなります。口どけも柔らかくしっとりします。

巻きずしは、すし飯や具材に負けないほどの主役になる海苔は、厚みがあり歯ごたえもあり、香りも焼きのりにくらべ

磯の香がします。

 

海苔屋さんから聞いたところ、有明海の特徴は

①一級河川である筑後川と矢部川から栄養豊かな水が流れ込む海。

②約6メートルの干満の差があるため、潮の流れが大変速く、海の水が海底までよくかき回され、隅々まで酸素が行き渡り、生態系が豊かになる海。

③約6メートルの干満の差があり、海苔が海中にある時間は栄養を吸収し、海上に露出する時間はうま味を閉じ込める2つの時間ができる海。

④海水の比重も低く柔らかくとろける茜色の海苔が育つ海。

となりますが、まだまだ1度では伝えきれないほど奥が深い内容です。

ぜひ、広島県産 特別栽培米「こしひかり」のお米を 有明海産「海苔」 で巻いたおむすびと巻きずしを

ご賞味ください。

 

写真1 おむすび用 焼き海苔

2016817162547.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真2 巻きずし用 なま海苔      

2016817163152.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月の米生産者

 

8月の米生産者は安芸高田市原田の塚本近さんです。
201682184331.jpg
田植えから二ヶ月が過ぎ、水をたたえた田んぼに、稲が青々と一面に広がっています。今は幼穂形成期(ようすいけいせいき)といい、実がなる穂が形作られる時期で、たくさんの水を田に入れています。
これから稲穂が急成長し穂の出るまで、田んぼから水を抜き根の力を向上させる「中干し」という作業を行うため、塚本さんは細かく稲の成長を確認しています。
また、草勢が強くなるこの時期に大切なのは草刈りです。除草剤を使えば簡単ですが、減農薬・減化学肥料の特別栽培米を育てるため、炎天下、畦の草を刈ります。
「手間がかかる作業だが、この作業が安心安全な米作りに繋がっているという思いでやっている」と塚本さんはおっしゃいます。
お弁当宅配エリア,法人向け宅配弁当・高齢者向け弁当・仕出し弁当共通

【法人向け弁当 配達エリア】こちらからご確認ください
【高齢者向け弁当 宅配エリア】こちらからご確認ください
【仕出し弁当 配達エリア】こちらからご確認ください

ページ上部へ