ホーム>広島の宅配弁当屋さんブログ>2015年6月

2015年6月

今年も来社いただきました。

20156251888.JPG

今年も当社につばめさんが来てくれました。実は、左上に巣の跡がありますが、第一便のつばめさんがつくって今年も来てくれたと安心していたところ、カラスに荒らされてしまいました。もう諦めてたんですが、遅組のつばめさんが若干作りやすい位置へ巣を作ってくれました。たまたまかもしれませんが当社に福も持ってきてくれました。感謝。

ライフサポートひまわりの出汁は・・・・

マイコック ライフサポートひまわり(高齢者配食)では、調味料をすべて計量し、塩分を控えた献立になっています。

その際、味気ない味にならないよう化学調味料に頼らない出汁を自社で毎日作り、使用しています。

20156817108.JPG201568172446.JPG 国内産の昆布と削りカツオです。

201568172319.JPG 沸騰する手前で昆布を取りだします。

 

201568173149.JPG 削りかつを節を入れ、沸騰させないよう注意します。

201568173451.JPG 布でこして完成です。煮物、お味噌汁などに使用します。昆布、かつおからとった出汁の香りは格別です。これからも、手間と材料にこだわったお弁当作りを続けていきたいです。

 

 

 

 

6月の米生産者

6月の米生産者は、安芸高田市高宮町の加古山 和幸さんです。
 
5月上旬から下旬にかけて、加古山さんの田んぼでは親子三代で田植えが行われています。
加古山さん(65)が作業を取り仕切り、田植機を息子さん(36)が操作し、お孫さん(11)が細かい作業を手伝います。

20156110645.jpg

「彼らが次の世代の担い手ですよ。でも、まだまだ一から田植えを出来るほどではないので、しっかりと伝えていかないといけない。」と加古山さんはおっしゃいます。息子さんの作業を見守ったり、お孫さんを農作業に親しませたりと、次の世代につなげる準備をしっかりと整えています。
今年は天候が良かったので、苗の育成も田植えの作業も順調でした。このような光景が末永く続いていくのが加古山さんの願いです。
お弁当宅配エリア,法人向け宅配弁当・高齢者向け弁当・仕出し弁当共通

【法人向け弁当 配達エリア】こちらからご確認ください
【高齢者向け弁当 宅配エリア】こちらからご確認ください
【仕出し弁当 配達エリア】こちらからご確認ください

ページ上部へ