ホーム>広島の宅配弁当屋さんブログ>2015年5月

2015年5月

おむすびの中身は・・・つづき

 

前回、おむすびの中身は「こんぶ、おかか」の2種類をお伝えいたしました。

3個入りおむすび弁当の時には、下の写真でも解るように「鮭」が入ります。

既製品の「鮭フレーク」ではなく、生の鮭から作っています。

 

2015531153344.JPG手で身をほぐします。

2015531154150.JPG小骨を取りながらほぐします。

2015531153957.JPG 水分を飛ばすため、2回オーブンに入れます。

2015531154437.JPGすりこぎで細かくしながら、小骨を取り除きます。

201553115461.JPGこれでもかと・・3回目のオーブンに入れた後、手もみをしながら、               細かくし、小骨の有無を最終確認して完成です。

手間暇も詰まっている「おむすび弁当3個入り」ぜひご賞味ください。

 

 

仕出し弁当のおむすびの中身は?

2015513105240.jpg201551310530.JPG2015513105319.JPG2015513105424.JPGjpg

仕出し弁当で、人気が高い「おむすび弁当(2個入)」。。おむすびの中身ですが、1つ目は「こんぶ」です。しそ風味のこんぶを入れています。2つ目は「おかか」です。おかかは写真の通り、毎回手作りです。かつおぶしをオーブンにいれて水分を飛ばし、手もみで細かくします。

そして醤油と調味料 で味付けをして出来上がりです。この味付けが絶妙です!!

3つ目の中身は・・・また後日ご報告いたします。

仕出し弁当に新しいアイテムを追加しました!!

お祝い事やご法要でご利用下さい。

201551111457.jpg201551111543.jpg201551111625.jpg

 詳しくは、当サイト仕出し弁当をご覧ください。

 

5月の米生産者

5月の米生産者は山県郡北広島町 農事組合法人せんごくの里さんです。
 
4月下旬、いよいよ田植えがスタートしました。兼業農家が多い、農事組合法人「せんごくの里」ではゴールデンウィーク返上で田植えを行います。
農事組合法人として米作りをする上で大切なのは、組合員の皆さんがいかに積極的に作業に参加するかということです。組合長の田村さんは組合員の皆さんに作業への参加をお願いして回ったり、寄り合う機会を作ったり、組合の作業内容についての意識付けを心がけておられます。
201561111513.jpg
 
その甲斐もあって、近年では昔に比べて様々な作業を積極的に協力してくださるようになったそうです。
「自分は恵まれている」と田村さんはおっしゃいます。
これから予想される組合員の高齢化、社会環境、自然環境の変化の中で、安心して食べられるお米を作り続けるため、組織の力を活かせるよう、取り組まれておられます。
お弁当宅配エリア,法人向け宅配弁当・高齢者向け弁当・仕出し弁当共通

【法人向け弁当 配達エリア】こちらからご確認ください
【高齢者向け弁当 宅配エリア】こちらからご確認ください
【仕出し弁当 配達エリア】こちらからご確認ください

ページ上部へ